キャレント 即日借入

キャレントは午前中には申し込みしておくべき!

中小消費者金融の中では断トツに人気の高いのがキャレントです。

 

キャレントは決して審査が甘いという訳ではないのですが、大手消費者金融のような自動審査ではなく一人一人柔軟に審査を行ってくれます。

 

ですので、審査に通るか不安という方もキャレントには申し込みしてみるといいでしょう。

 

当サイトは即日借入について専門としているサイトですので、当サイトに訪問されたという方は「キャレントが即日借入可能か?」という事が気になっているかと思います。

 

で、キャレントですが即日借入可能となっています!

 

ただ、キャレントで即日借入するには次の条件を満たす必要があります。

  • 必要書類をFAXで提出して平日の14時までに手続き完了

 

この条件を満たすことにより当日中に振込で融資してもらうことが出来るのです。

 

FAXで送るという作業もありますし審査にも多少は時間がかかりますので、キャレントで即日借入するには午前中には申し込みしておいたほうが間違いないでしょうね。

 

14時を過ぎてしまった場合は翌営業日になってしまうので注意してください。

 

土曜日・日曜日・祝日もお店が休みなので即日借入は不可能です。

 

14時を過ぎてしまった場合や土曜日・日曜日祝日にすぐにお金が必要という場合は、「プロミス」「アコム」「アイフル」といった大手消費者金融に申し込みするといいでしょう。

 

 

キャレントの詳細情報

申し込み方法

キャレントの申し込み方法ですが、今のところキャレントはネット申し込みのみとなっています。

 

電話申し込みや来店申し込みには対応していません。

 

まあ、ネット申し込みだけあれば十分ですけどね。。ネット申し込みは24時間365日いつでもすることが出来るようになっています。

 

申し込みフォームの入力時間はだいたい3分程度なので簡単に申し込みすることが出来ますよ。

 

審査落ちしない為に

入力ミスに注意

ネット申し込みの際に注意しなければいけないのが、無駄に審査落ちしない為にも入力ミスには気を付けるようにしましょう。

 

急いでお金が必要な時って焦っていますので、簡単な入力と言ってもちょっと間違ってしまうという事があります。

 

メールアドレスをちょっと間違ってしまったり、電話番号をちょっと間違ってしまったりというように。

 

こうなってしまうと本来は審査に通るのに、連絡が取れないという事で審査に落ちてしまうという可能性も0ではありません。

 

こうなってしまっては本も子もありませんので、必ず一通り入力した後の確認画面でしっかり確認してから申し込みボタンを押すようにしましょう。

 

在籍確認が取れるようにしておく

キャレントに申し込みしたら審査の際に職場に在籍確認の電話は必ずかかってきます。

 

ちなみに、この在籍確認ですが、プライバシーの面も配慮してくれているので会社名ではなく個人名でかかってきます。

 

「田中と申しますが、○○さんいらっしゃいますか?」

 

というような感じでかかってきます。

 

なので会社にバレるかもという心配はしなくても大丈夫です。

 

この在籍確認は必須となっていて、在籍確認が取れないと審査が先に進みません。

 

なので、電話対応をする方に「自分宛に電話がかかってくるかも」という事を伝えておくといいでしょう。

 

このようにしてスムーズに在籍確認をとれるようにしておくのは審査落ちしない為に重要なポイントです。

 

嘘はダメ

とりあえず審査に通りたいからと言って、他社借入件数を少なく書いたり、年収を高く書いたりという事は絶対にしないでください。

 

金融機関への申し込みでの嘘は簡単にバレてしまいますからね。

 

キャレントは特に柔軟な審査をしてくれますので、下手に嘘を書くよりも他社借入件数が多くても良いのでちゃんと書くことが大事です。

 

下手な嘘をついてしまうと、嘘をついたという事で印象が悪くなって審査落ちする可能性が高くなりますよ。

 

金利・利用限度額

キャレントの金利と利用限度額は以下のようになっています。

 

実質年率 7.8%〜18.0%
利用限度額 1万円〜500万円

 

このようになっていて、最低金利は大手消費者金融と比べてちょっと高くなっていますね。

 

柔軟な審査対応をしてくれる中小消費者金融なので、多少金利が高いのはしょうがないです。

 

しかし、あまり高額な金額を高めな金利で借りてしまうと、返済がかなり大変なことになってしまうので、キャレントであまり高額な金利は借りないようにしておいたほうが良いでしょう。

 

50万円以内ぐらいの少額な融資ならば、最高金利は大手消費者金融と変わりませんので、少額融資をメインとしておいたほうが良いでしょう。

 

page top